HOME

info :  The Japanese Odyssey

今年で3回目となるJapanese Odyssey から案内が届きました。

ブルベではありませんが、まさしくランドネという感じなのでご紹介します。興味のある方はJapanese Odysseyのサイト、facebookを覗いてみて下さい。

The Japanese Odyssey
http://www.japanese-odyssey.com/
https://www.facebook.com/japaneseodyssey/

 


それは黙示録。

いちばん厳しいセグメント(訳注:ルートの一部)をようやく終えたようでした。長野県は乗鞍岳の頂上にようやく辿り着き、だいぶ先に到着していたであろう2名の仲間と合流し、暖かくて乾いた場所に向かいます。空は暗い雲に覆われていて激しい雨の中を下っていくのはとてつもない困難なのは明らかでした。
雨水は路面を激しく流れ、ディスクブレーキでも全く止まれません。クリートをアスファルトで駄目にしながら止まるしかありませんでした。

そのあとに起こったことは本当にあったことなのか己の妄想が生み出したものなのかよくわかりません。ただ確かに目を閉じたときに見えました、舞っていた雪が黄金の真珠に変わり、それは吹雪に姿を変えました。目を開けると私は道路に座っていました。私たちの3台の自転車はセブンイレブンの店先に立てかけてあり、私たちはただ食べ物を飲み込んでいました。全ては静かでした。

パートナーのギヨームとジャパニーズ・オデッセイに取り組み始めた時、私たちはとにかくワイルドな何かを意識しました。距離は滅茶苦茶に長いやつで、日本の荒野を探索するようなやつを。去年やった二回目のやつはまさにそれでした。ちょっとやり過ぎたかもしれません。

そして貴方に三回目のジャパニーズ・オデッセイをお届けいたします。自己完結が求められるシンプルなエトスの耐久イベント:計時は止まらず、必須ルートはなく、私的なサポートもありません。

今回スタートは2017年8月12日に東京からです。参加者は13日以内に北九州を目指します。ルート選択は自由ですが途中9ヶ所の指定セグメントを通過する必要があります。どこを通過するかによりますが大体3200kmの旅になります。
今年の冒険のモットーは裏道的な無名のあまり使われていない道です。ライダーたちに遠く離れた日本を体験して欲しい。
2017年のオデッセイの地図はこれ
https://www.google.com/maps/d/edit?mid=1lUJQZzTWFj9VaUKW5Ks0q3qDN8k&ll=36.06372659925785%2C135.97414084374998&z=6

ジャパニーズ・オデッセイはたいへん厳しい冒険です。しかし厳しいだけではありません。
これは日本の伝統、慣習、文化に触れるための試みでもあります。スローダウンして新たな発見をするのは参加者次第。

備えよ。

エマニュエル

(抄訳 : Tak Kawano 2017.3.30)


The apocalypse.

It looked as if the most difficult portion of my segment was behind me.
I reached the top of Mount Norikura in the Prefecture of Nagano (Japan), and joined 2 other entrants who headed, long minutes before me, for a warm and dry place.
Dark clouds covered the sky.  And I knew for sure that the descent under that heavy rain would be more than challenging.
Torrents of water rushed on the road. Disc-brakes were unable to stop my engine. And I was left with little choice but to ruin my cleats on the asphalt.

From there I am unable to say if what followed is what really happened or if it is simply the figment of my imagination. But at one point I closed my eyes. And I saw snow flakes getting heavier, turning into golden pearls, and forming a snowstorm.
When I opened my eyes again, I was sitting on the street. Our 3 bikes were leaning on the window of a 7-Eleven konbini. We were gulping food.
All was silent.

With my partner Guillaume when we started to imagine the Japanese Odyssey and to work on the event, we had in mind something wild. We were dreaming of an event with a high mileage. We were dreaming of an event exploring the wilderness of Japan. Last year, the second edition met our expectations. Maybe even a bit too much......

We are pleased to present you the third edition of the Japanese Odyssey. It is a self-supported bicycle endurance event, with a simple ethos: the clock never stops, no mandatory route, and no private support.

This edition will start from Tokyo on August 12, 2017. Entrants will have to reach Kitakyūshū within a 13 day time limit. They may take the route of their choice, as long as they go through the 9 imposed segments. Depending on the route choices it is a "voyage" of about 3,200 km.
This year the adventure motto is: secondary, unnamed and untraveled roads. We want to take the riders with us into a secluded Japan, in remote areas.

Here is the map of the 2017 Odyssey Tour: https://www.google.com/maps/d/edit?mid=1lUJQZzTWFj9VaUKW5Ks0q3qDN8k&ll=36.06372659925785%2C135.97414084374998&z=6
The Japanese Odyssey is a demanding adventure. But not only.
It is also an attempt to place the entrants in touch with the traditions, customs and culture of the country. Up to them to slow down and to open their eyes.

Be Prepared,

Emmanuel
------------
The Japanese Odyssey
http://www.japanese-odyssey.com/
https://www.facebook.com/japaneseodyssey/